読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

るあんぱばーん

 

カリオストロの城、見てきました。

 

 

f:id:pulltabtop:20170131031751j:image

話題のMX4D

 

 

もう本当にすごくて、完全に「最初からクライマックス」だったね。

カーチェイスのシーンとか時計塔機関部での戦いとか、もうただのアトラクションだった。

4Dだから水に飛び込むシーンとかでは実際に顔に水がかかって、その度にメガネがくそ濡れるのは大変だったけど。笑

 

こんなに飛び込むシーン多いんだなとかも思って。それはそれで新たな発見があってとてもよかった。

 

 

 

もともとカリオストロの城はめちゃめちゃ好きで、自宅にあったビデオは完全に見れなくなるまで何回も観ました。

最後の「完」の文字が出たら巻き戻して2周目に入り、でも2周目は途中で寝ちゃうから、「やばい半分見逃した!」と思って三週目に入りそこでまた寝て、ってやってました。超懐かしい。

いまだに「完」の文字を見ると、終わりというよりも「はっ、また始まる」みたいな、不思議で気だるい感覚になります

 

 

有名な話だけど、カリオストロパヤオジブリを立ち上げる前に作った映画で、実はパヤオの映画監督処女作なんですよね。そんな昔の映画がいま映画館で見ても楽しめるって、すごいことだな。

 

 

次元「どっちにつく?」ルパン「女ぁ!」

とか、

ルパン「不二子ー、ロープだ」不二子「偉そうに言わないで!」

とか、

銭形「営利誘拐なら協力せんぞ」ルパン「商売抜きでえ」

とか、

好きなシーンを挙げればきりがないんだけど。

今思えばどれも、人間関係がさりげない会話の中にみえる、みたいな場面だったりするのかな。

言葉尻だけ捉えたらチグハグでねじれているような会話でも、人間関係その他諸々の背景で透かしてみると筋が通ってるっていう。

 

こういう「理由のあるカオス」みたいな表現をわざとらしくなく、綺麗に演出できるのがまたニクい、、、

 

言葉の力だなあ。

 

 

 

 

というわけで、

 

今回の記事はルパンザサードのカオスのことでした。

 

ちなみにタイトルのルアンパバーンラオスの古都です。世界文化遺産

 

f:id:pulltabtop:20170131042425j:plain

(https://www.zipantravel.com/node/1773)

 

 

 

 

ふふ