アラヤマンコウ

ずいぶん久しぶりに行ったドン・キホーテサイゼリヤは、貧乏学生にとってのサンクチュアリであった。

 

ドンキは、見て楽しい、買って楽しい、ひとつのエンターテインメントだ。
売り物の、花火を見れば高校生の遠い日を思い、ヘアアイロンを見れば彼女の生活を思い、カッパを見れば2015年の朝霧ジャムで雨の中見たSPECIAL OTHERSを思った。一曲目の演奏の後に雨がやんで、「みんなの思いが空に届きましたね」なんて凡庸なMCだったけど、目が潤むほどに「そうだ!!」と思ったことを覚えている。音楽でみんなを一つに、なんていうのは綺麗事だけど、「音楽を通して何か同じ一つを共有する」ことはあるんだと思った。


結局ドンキではお香を買った。「自室でお香とR&Bで優雅にチルアウト」、イケてるじゃん。お香のことはよく知らないので、くだんの朝霧ジャムで一緒にキャンプをした知り合いが焚いていたお香を買った(その人がアラヤマさんというので、「アラヤマンコウ」と呼ばれている)。

 

 

サイゼリヤは、ワインも料理も、安すぎる!

「おいしい」と「まずい」はわかるが味の機微には到底気づかないこの舌には材料の良さ云々は問題ではない。サイゼリヤはただただ「おいしい」し、「安い」!口にするものについてこれ以上のことがあろうか。

特に『エスカルゴとバジルのなんとか』には感動した。その味を形容するなら、バジルの野生的で爽やかな味にオリーブオイルの深みが混ざって云々、、、ではなく、「エスカルゴってカタツムリ?はじめて食べるわ……うまい!すげえ!安い!」です。

 

ドンキもサイゼも、安くて楽しくて最高!

 

 

 

 

ところで、今はくだんのお香を焚きながらこのブログを書いているんだけれど、思ったより煙が出る。火災報知器が鳴らないか怖くて、無様に手をバタバタさせて煙を窓の方に流している。

 

なにが、優雅にチルアウトだ。笑わせるな。