nikki

適当なことを言う日記です

ポートランドのスピリチュアル叔母さん

うちの叔母はポートランドでスピリチュアル・カウンセリングを開いて15年の本物のスピリチュアルおばさんで、先日5年ぶりに会いに行ったが、相変わらずぼくの人生の目標であり続けていた。

超然的というよりはめちゃくちゃ自然体という風で、うさんくさい箴言も言わず、おっとりしていて、そのくせ「教えてくり」とか「行くます」とか変な日本語を喋る、ただただハッピーでいるだけの人だが、子供の頃からこの人のことが好きだった。好きだった、というが、先日再会してやっと「あっ、この感じ懐かしい、、そういえば昔から好きだったな、、」と思い出したので、ここ数年はすっかり意識の表には出ていなかった。

しかしこの人がぼくの人格形成に大きな影響を与えていることに疑いの余地はなく、思えばぼくは父とも兄とも弟とも性格が似つかないし、母とは近からず遠からず、でもぼくよりもっと堅実な人なのでまさにこの人とは言えず、親族の誰に似ているかと言えば、間違いなくこの叔母さんだった。

 

その日はどんな流れだったか忘れたけど途中から仕事の話、将来の話になって、叔母さんは

「りょうちゃんはアンハッピーにならないから大丈夫よ。好きなものだけを選んでいけば自然と幸せになるようにできてるから」と言った。「きっと辛い状況になっても、”不幸せってなんだろう?今はつらいけど食べられているし、住むところはあるし、生きてるし、、”って思うでしょ?そういう人はアンハッピーにはならないの。不幸せは自分を不幸せだと思う人にだけくるから。私は好きなものだけ選んでいって、結果として今ここでいろんな人の話をきく仕事をしてるけど、とっても楽しい。周りは色々言うかもしれないけど、好きなことをやってる人がきっと一番素敵でハッピーになれるんじゃない。好きじゃないものがあったら、ただ嫌うんじゃなく認めてあげて、でも無理に好きになろうとしなくていいし、素直に生きてみるといいよ」(アンハッピーとも不幸せとも言っていたのがすごく印象に残っている。ちなみに叔母さんは当然英語も日本語も喋るが、石垣島出身なので訛りがあって、それもまたうまい具合にほわんとしていて、自然でのんびりした口調がすごく心地いい)

 

 

何が好き?という質問にノータイムで答えられなくったのはここ最近のことで、少し前までは特に深く考えず音楽とか本とかゲームとか映画とか言っていたように思うけど、今はなんか無駄に考えてしまって、結局「…………音楽…かな…?」みたいな答えになってしまうことが多い。

好きな音楽はあるが他の人ほど開拓欲みたいなものはないし、本なんて自分以上に読んできたひとが身近に限定してもごまんといるし、ゲームはここ数年まともにやってないし、映画はぶっちゃけよく知らない。

「よく知らなくても、知識がなくても、愛があるなら好きって言っていいと思う」と好きなゼミの先輩に言われて一生懸命考えたことはあるが、正直よくわからなかった。

好き?なゼミの先輩?

 

好きなものを選んでいけばいいという叔母さんにこの話をしたらちょっと笑われて、「りょうちゃん、グレープフルーツは好き?」と聞かれた。

ぼくが子供のころから柑橘類、特にグレープフルーツにクレイジー首ったけなことはなぜか親族じゅうに知れ渡っていて、どれくらい知れ渡ってるかというと、ぼくが会いにくるというので叔母さんがわざわざコストコで大量にグレープフルーツを買っておいてくれたくらい知れ渡っているのだけど、

「それくらいの素直な好きでいいんだよ。直感で生きたらいいさ。」

と叔母さんは言った。

 

ぱっと目の前がひらけた感覚があった。

なんだ、めっちゃ簡単じゃん、と思った。 

今日からはグレープフルーツを基準にして物事を回していこうと思った。すごく単純だけど、想像するだけで面白い。これから先重大な決断をするときに好きか嫌いか、やるかやらないか迷ったら、「こいつはグレープフルーツか?」と自分に聞いてみればいいのだ。大抵のものはNOになるかもしれない、、、でも、重大な決断なんだから、グレープフルーツくらい超えてもらわなきゃ困る。それでいいのだ。

 

 

きっと似たようなことは小説でも映画でも何度も読んだり聞いたりしているはずだけど、フィクションや自叙伝で見聞きするのと、自分の足で外に出て 、尊敬する人と時間を共有して体験するのでは、きっと作用する深度がまるで違っていて、ずっと長く心に残るし、なんか不思議な脳波もドバドバ出てる気がするし、このタイミングで話ができてすごく良かった、と思った。

 

 

「じゃあ、カウンセリング料10ドルね」

「お金取るの!?」

「冗談よ〜」

 

絶対に将来こうなりたいな